総量規制

総量規制って何?

総量規制とは、どのような法律なのでしょうか? 規制の内容、対象となる借入について、説明したいと思います。

 

【総量規制ができたのは?】

総量規制はもともと、2006年の12月に成立した法律ですが、システムが整備されるまでに一定の時間が必要となりました。段階的な施行を経て(総量規制を含めた)全項目が完全施行となったのは、2010年6月18日のことです。

 

【総量規制の目的】

総量規制は、借り手と貸し手の健全な取引が実施されるよう制定された仕組み(規制)です。

 

【対象となるのは?】

総量規制の対象となるのは、以下の項目です。

 

・ クレジットカードのキャッシング利用分
・ 消費者金融のキャッシングローン

 

同じクレジットカードの利用でも、ショッピング分の借入は「総量規制外」となります。また、消費者金融でローンを利用する場合でも「おまとめ目的」の利用に関しては、規制の対象外となります。

 

ここでの「おまとめ」とは、複数ある借入を一本にまとめるローンを指します。別名「貸金業法に基づくおまとめローン」や「貸金業法に基づく借換ローン」などの名称で呼ばれています。

 

【注意すべきポイント】

銀行の融資は、すべて総量規制の対象外となっています。銀行は、消費者金融や信販会社とは違い、貸金業者では無いからです。

 

銀行の融資は、銀行法によって規制を受けるため、総量規制のように「年収の3分の1」といった、貸し付けの制限は(原則として)存在しません。

 

ただ、銀行の側でも融資をし過ぎないよう(具体的な金額や割合は明言しないものの)ある程度の貸し付け制限は、設けられています。

審査が速いのは?

審査が速い金融機関は、どこにあるのでしょう? ここでは、消費者金融、銀行、信販会社の中で、審査の速い金融機関を紹介したいと思います。

 

【消費者金融は、審査が速い!】

数ある金融機関の中でも、消費者金融は「最も審査が速い」ことで知られています。特に、インターネット取引や無人契約機を導入する金融機関は、即日融資に対応しているので便利な存在です。

 

【パソコン申し込みで、即日融資を可能にする!】

パソコン申し込みと店舗受け取り(カードや契約書の受け取り)を組み合わせて利用すれば、最短スピードでキャッシングが利用できます。融資を急がれる方は、銀行系消費者金融でカードを申し込んでみてください。

 

【銀行系なら安心】

銀行系の消費者金融には、プロミスやモビット(三井住友銀行系)のほか、アコム(三菱東京UFJ銀行系列)があります。

 

ノンバンク系の消費者金融とは違い、大手銀行のグループ会社が発行してくれるので、安心して利用できます。

審査の速い カード名 審査の回答 カード受取の日数
消費者金融
プロミス プロミスカードローン 最短30分 即日発行
モビット モビットカードローン 最短30分 即日発行
(WEB完結の場合は、申し込みの直後に自動回答)
アコム アコムカードローン 最短30分 即日発行

 

【銀行の中でも、一部は即日融資に対応している】

銀行のローンは「審査が遅い」と言ったイメージがあります。実際に、大手Y銀行やM銀行の審査は、申し込みをして二週間以上時間が掛かるようです。また、一般的な銀行ローンも申し込みをして、最低でも一週間前後の時間が掛かるようです。

 

このため、お急ぎの(即日融資を希望される)方に、銀行ローンはおすすめできません。しかし、一部の銀行では即時融資、翌日の(審査結果の)回答に対応する「審査の速い銀行」が存在します。ここで、審査の速い銀行を三行を紹介しましょう。

審査の速い銀行 カード名 審査の回答 カード受取の日数
新生銀行 レイク 最短30分 即日発行
イオン銀行 カードローンBIG 当日中の回答が可能 4〜5日で発行
オリックス銀行カードローン カードローン 2〜3営業日 審査後、4〜5日

 

このように、銀行の中にも審査の速い金融機関があるので、積極的に利用してみてください。

 

【信販会社は、一部をのぞいて審査は遅い】

クレジットカードを発行する信販会社でも、カードローン商品を扱っています。ただ、一部のカード会社(セゾンカード)をのぞいて、ローン審査の時間は「遅い」のが現状です。このため、当日融資を希望される方に、信販会社の利用はおすすめできません。

 

銀行系の消費者金融(プロミスやモビットなど)を利用するか、審査の比較的速い、銀行ローンを利用してください。"